蔵書検索をしたときは棚番号に注目!

本やCD

 図書館では「別置」という本来の日本十進分類法のルールに従いながらも、あえて別の書架にひとまとめにする置き方をローカルルールとして各図書館で行っています。

 例えば、CDやDVDはルールどおりに書架に並べれば、同じ棚に本やCDやDVDが混在してしまいます。CDだけを求めている利用者にはとても不便です。
 そのため、CDはCDの書架に「別置」するのです。
 同じように、書架の設計上、大型本が入らない場合は、大型本のみ大型書架に「別置」します。このように、多くの資料が「別置」されています。図書館の個性ともいえるのですが、同時にわかりにくさの原因となります。

 こういったときには、蔵書検索をしてみましょう。蔵書検索については『こちらのページ』をご覧ください。

 こういったときには、蔵書検索をしてみましょう。蔵書検索については『こちらのページ』をご覧ください。

 図書館には検索専用端末をご用意しております。
 スマートフォンでも検索できます。
(掛川市立図書館では公衆無線LANについては導入しておりません。タブレットのWi-FiモデルやノートPCをご利用の方は、別途ポケットWi-Fiをご用意ください)

 検索結果から、探している本の情報を表示させると、棚番号の位置情報も表示されます。この棚番号は書架の両端に必ず表示されているので、その棚番号の場所に行けば、後はルールどおり番号順に資料は並んでいますので、「別置」を意識することなく探すことができます。

 そんなめんどくさいことは嫌だと言うあなた。まだ別の方法がありますよ。